過去の施工実績を見る

毎日がリゾートの家

明るい日差しと温もりが広がるスイス風カントリーです。

住みごこち抜群の山小屋ぐらしで毎日がリゾート気分。急勾配の三角屋根とレッドシダーの鎧(よろい)張りが特徴です。家の前を通る車が徐行や停車して見ていくそうです。

撮影:2008(平成20)年3月

大きく吹抜けたリビング。

吹抜けの2階位置にある窓からは、明るくて暖かい陽射しが入り、実にさわやかなお部屋の雰囲気を醸し出してくれます。

リビングの一角に設けられた薪ストーブ。バーモントキャスティング社の「ENCORE(アンコール)」。34坪の空間を丸々暖めてくれます。

2階寝室は、屋根の勾配と梁をそのまま見せた高い天井が特徴的です。まるでリゾート地の山小屋のような広々とした空間でリラックスしていただけるはずです。また床のパイン材は濃い目に仕上げたので、さらにシックで落ち着いた雰囲気を盛り上げてくれています。

リビング奥には、和室も設けました。お客様がいらしたときの寝室や予備室として多目的に使えます。写真の左部分に見える扉は、和室側を無塗装に。そして反対(リビング)側は床などに合わせて濃い目に塗装しました。和洋それぞれのお部屋の雰囲気を損なわずにナチュラルな空間づくりに配慮しました。

2階子供部屋は、一面だけブルーの壁紙にしてポップな空間を演出しました。その壁面にある窓は、リビング吹抜け部分に向かって開いています。窓の上には、お花や小物が飾れるように窓台をあしらえました。

キッチンは南に面していますので、明るい光の中でお料理ができます。写真右(拡大部分)は、グラスハンガー。ホームパーティ好きな一家のためのキッチンです。

外壁は、左官壁と板張り。写真はレッドシダーの鎧(よろい)張りです。ヒノキ製のウッドデッキには、長持ちするように厚さたっぷりの40ミリメートル材を使っています。

リビング入口ドアは、引戸を採用。お施主様が自ら探してこられたステンドグラスを弊社の職人がはめ込んで造作した“オンリーワン”のドアです。右側のドアは物入になっています。

 

ページトップへ戻る