過去の施工実績を見る

家族と大工が一緒に手作りした家

お手本は世界遺産のチェコの村。

外観は、遺跡風に仕上げた白い外壁が特徴的で、赤い瓦屋根とのコントラストが印象的です。

内壁の一部をお施主様に塗っていただいたり、家族の手形を壁に刻印したり、家族みんなで手作り感の溢れる家づくりができました。

オーナーさまへのインタビューはこちら

撮影:2009(平成21)年7月

ご家族に塗っていただいたのは、はめ込んだ黒板です。どんなメッセージがやり取りされるんでしょう…楽しみです。

ご家族全員の手形が刻印されました。
きっとオトナになって、ちょっと恥ずかしい想いと一緒に、たくさんの幸せな記憶が蘇ってくれることでしょう。イエローチェア・ハウスでは、これからも時と共に家族の想いや記憶を刻んでいける家を手作りしていきたいと思います。

吹き抜けと2階のフリールーム:
まだお子さんが小さいうちは、親の目の届くところでパソコンを一緒に触ります。成長と共に多目的に使えるフリールームは大好評です。

階段の上下につけた「青い扉」:
危険防止のためなのですが、なにやらちょっとした遊び道具になっているようです。でも、こんなエピソードが家の記憶になり、家族の想い出になっていくのでしょう。いつまでも仲良くいてくださいね!

外壁:遺跡風仕上げ煉瓦壁:
ベースになっているデザインは、2009年秋に登場したニューデザイン「トシェビーチ」です。サイディングでは、出せないアンティーク感が大好評です。

リビングのドア:
はめ込まれたステンドグラスが1日の陽の光に合わせて変化する様は、見ていて飽きません。

ウッドデッキ&パーゴラ(棚=たな):
元々、イタリア語のブドウ棚を意味したパーゴラ。今回は、ウッドデッキの上に取り付けました。外観のアクセントにもなりますが、陽差しをやわらかくしてくれる効果もあります。そして、なによりも庭を「第2のリビング」として活用しやすくしてくれます。
写真左下:白い板塀もリズミカルに配置しました。

子供部屋:
天井と壁をイエローチェア・ハウスがおすすめするクレイペイントで仕上げました。色は、落ち着きのあるオフホワイト。クレイペイントは、化学物質を含まない素材なので、お子さまにやさしいだけでなく、ちょっとしたコツが分かれば家族でメンテナンスができるので、落書きやキズもこわくありません!

リビング~階段:
床は、無垢のパイン材に自然塗料で暖かみのある色合いをだし、壁は自然素材の健康塗り壁で仕上げました。
よく見ていただくと階段の壁にステンドグラスが埋め込んであるのが分かると思います。ドアをはじめ、イエローチェア・ハウスの家には欠かせない特徴になってきました。それにしても実に開放感のあるリビングになりました!

玄関ポーチ:
テラコッタ(素焼き)・タイルを貼りました。やわらかな独特の風合いが楽しめます。
奥に見えるのは、造り付けの下駄箱。無垢のパイン材で造り、ミルクホワイトの自然塗料で仕上げました。

リビング~お庭:
この差し込む光の柔らかさと明るさは、本当に癒されます。これからここで家族と過ごす楽しい想い出が重ねられ、大切な歴史を刻んでいってくれることでしょう。

 

ダイニング~洗面台:
お食事は、パイン材のダイニングセットで。
右奥には、電話台を兼ねたサイドボード。これも無垢のパイン材です。
照明は、すべてアートワークスタジオ(ARTWORK STUDIO[製品情報])で統一。
奥のキッチンに見える造り付けの棚は、カントリースタイルに仕上げた吊戸てす。
さらに左奥には、これも造り付けの洗面台が見えます。
右奥には、冬もポカポカの蓄熱式暖房機も設置しました。

ページトップへ戻る